暴飲暴食さらば!

こんにちは、低燃費住宅の三澤です。

今日は、暴飲暴食を防げです。

ダイエットのため、健康のため、食費節約のため、その他・・・・。

ついつい食べ過ぎてしまう習慣を治したいのに、どうしても暴飲暴食が止められない時ってありますよね?

そんな食べ過ぎを防ぐための効果的な3つをご紹介いたします。

1、薄明かりの下で、食事をする

食事をする際の雰囲気が良い物であると、食事の満足度が上がり、それに伴って食べ過ぎを抑えられます。

ある研究では『暗い照明』と『ゆったりとして音楽』が流れるリラックスできる空間で食事をした場合、通常の雰囲気で食事をするよりも、摂取カロリーが平均175kcal減ったそうです。

2、お皿の色は、食事と正反対の物を使おう

『様々な色の野菜を食べよう』という健康法がありますが、これがなんとお皿の色にも当てはまるようです。食事とお皿の色が似たような色の場合、人はより多くの量を食べてしまうそうです。

一例では、白っぽいアルフレッドパスタを白皿に盛ると、赤や青のお皿に盛るよりも、22%ほど食事量が増えるのだとか。

3、スパイスをたっぷり使おう

香りの強い食べ物は、口に唾液が溜まりやすいため、食べ過ぎを防ぐのに効果があります。

また、人が美味しいと感じる成分は、ほとんどの場合が脂肪と砂糖なのですが、新鮮なハーブやスパイスを加えることで、脂肪を少なくしても美味しいと錯覚させる効果があるそうです。

ということで3つをまとめますと、

1、薄明かりの下で食事をしよう。

イライラした時は、雰囲気のいいお店に逃げよう。

2、お皿の色は、食事と正反対の物を使おう。

事前に色々な種類のお皿を用意しとけば大丈夫

3、スパイスをたっぷり使おう

香りの強い食べ物は、口に唾液が溜まりやすいため、食べ過ぎを防ぐのに効果があります。

暴飲暴食がなかなか止められない人は、ぜひお試しください。

 

スクリーンショット 2015-07-21 9.26.43

関連記事

ページ上部へ戻る