頭寒足熱

低燃費住宅の三澤です。

いきなりですが皆様、

『頭寒足熱』

って何気なく耳にしたことがあると思いますが、これってどうゆう事と思いませんか?

『頭寒足熱』とは、文字通り足元を暖かくし、頭を冷やすことですが、東洋医学では、『冷えは万病の元』という考えがあります、足元を冷やすのは体を冷やすことにつながりますので、体を暖める事が健康に大切な事になるのですが、

でも、『体を暖めるのが大切な事は何となく分かると思いますが、頭を冷やすのって必要なの?』と思いませんか?

逆になんで足元を暖めると健康に良いの?とも疑問にもなると思います。

では1つ目『頭寒』は結果的に体の冷えを防いでくれる事

暖房の効きすぎる部屋にずっといたり、サウナ、お風呂でもそうですが、頭がボーッとしたりする経験は皆さまあると思います。これって『のぼせる』という状態になります。この『のぼせる』というのは危険信号で、頭が温まりすぎると脳がオーバーヒート状態になる、頭が温まりすぎると、脳が暑い!と判断して体を冷やそうとします。そうなると代謝が悪くなり、抵抗力も下がったりします。また、頭が温まりすぎると脳機能が低下するのでボーッとして集中力が無くなってします。

『頭寒』は、脳機能の低下を防ぐ事と体の冷えを防いでくれる効果があるという事。

『足熱』は冷え性を防ぐ

足は第二の心臓、人間は二足歩行です。重力によって足に体液が溜まりやすい、これを足の筋肉運動で体の上へ循環させている事が大切になります。 この足が冷えると、血行が悪くなり、足がむくんだり冷え性になってします。

部屋が暖房で暖かくても、足先が冷たいという人が多いですが、足先は元々冷えやすいのです。

そのため、冷えやすい足先を暖めることで、全身の血液の循環を良くする効果があり、結果、基礎代謝が上がり、冷え性を防いでくれます。

足熱には、足湯、湯たんぽ、半身浴が効果的です。単純にエアコンの暖房で部屋を暖かくしすぎるより、頭はのぼせないように冷やした状態にして、足先を暖める方が、基礎代謝が上がり、血行が良くなり、健康にも良いということなのです。

さあここから低燃費住宅の

『魔法の温度バリアフリー』

をご紹介したいのですが、お時間が来てしまいましたので、次回にさせていただきたいと思います。

頭寒足熱

関連記事

ページ上部へ戻る