長持ちする家をつくるために

低燃費住宅千葉の城戸です。

本日は新築のご計画でご予算に迷われたら、長持ちする家をつくるためにこうして欲しい!というお話です。
家は建てた後も大きなお金がかかるというお話をしてきましたが、それをグラフにしてみました。
築30年頃に急激に費用が増加し、メンテナンス費用は1300万円にもなります。
多くの方は、そこまでお金は掛けられないからと家は放置され、直そうと思った時はもう手遅れになり
古い家を壊して建替えすることになります。
スライド25

しかし、新築時に使用する材料や、交換のことまで考えておけばメンテナンス費用を少なくすることができます。
これまでご紹介してきた外壁屋根サッシは特に費用がかかる部分ですので重要です。

スライド26

私たちは、リフォームなどを通して、古い家が朽ちている状況を目の当たりにしてきました。
大手のハウスメーカーが建築した家でも、壁を壊してみると、壁の中はカビだらけで、構造が腐っている事例を何件も見てきました。
これではせっかく新築した家が、何よりも住まい手がかわいそうでなりません。

スライド29

家を建てるに当たっては、住み続けるという視点で計画をしていただきたいと願っています。
新築の際は、交換や補修が難しい基礎や構造・断熱の部分にしっかりとご予算を振り向けていただきたいのです。
キッチンの設備や内装の仕上げは後から付けたしたり、交換したりすることも出来ます。
しかし、構造や断熱はそうはいきません。
ご予算で迷った際にはぜひとも上の表を思い出していただければ幸いです。

関連記事

ページ上部へ戻る