遺伝子組み換え!

皆様、こんにちは低燃費住宅の三澤です。

今日はちょっと遺伝子組み換え食品について調べて見ました。
様々な見解があるみたいなので参考程度に読んでいただければと思います。

遺伝子組み換え食品の実態

遺伝子組み換え食品はわたしたちが想像するよりもはるかに生活に浸透しています。

日本は御存知の通り食糧自給率が低く、世界一の遺伝子組み換え食品の輸入国なのです。

ちなみに本場のアメリカでは、スーパーマーケットに陳列された加工食品のうち、約70~80%が遺伝子組み換え食品と言われています。特に、豆やトウモロコシを使用した食品の約90%は、遺伝子組み換えと言われています。

清涼飲料水などのペットボトルの表示を見てみてください。
「ブドウ糖果糖液糖」とか「果糖ブドウ糖液糖」ってありますよね?
この原材料になっているのが、遺伝子組み換えトウモロコシなんです。

どこにも「遺伝子組み換えでない」とは書かれていませんよね?

実は「遺伝子組換え農産物に関する表示に使われている表現」というのは、非常に曖昧で分かりにくいものなんです。

スーパーで牛肉のパックを見ても「この牛は遺伝子組み換え食品のアルファルファとトウモロコシを飼料に育てられています」とは書いてありません。

ちなみに遺伝子組み換え食品にめちゃくちゃ厳しいEUでは、全ての原料の表示が義務化されています。違反すれば高額の罰金が課されます

一方、日本では

含有量の多い3番目まで、かつ重量比5%以上の場合のみ表示
途中で分解されれば表示しなくてOK
など、ほとんど消費者に役立たない、企業の利益最優先の規制しかありません。「遺伝子組み換えでない」と表示されていても、実は使用されていることが普通なんです。

つまり消費者が完全に選ぶことができないんです。

でも、別に実害が無ければいいんじゃね?
安価に安定して供給されれば、いいじゃん?
と思うのもわかります。

でも、もし遺伝子組み換え食品が有害だとしたら、それでもあなたは食べますか?家族に、子供に食べさせますか?虫が食べたら死ぬ作物を人間が食べて大丈夫なのか?
普通に疑問がわきますよね?

ただ!!
結論から言えば遺伝子組み換え食品が原因で実害があったということはありません。

というのも、遺伝子組み換え食品が原因であると立証できないからです。

遺伝子組み換え食品がこの世に登場してから、遺伝子組み換え食品だけを食べて何世代にもわたって、人体で検証することは不可能だからです。

動物実験などでは、発がん性やホルモン異常などの数々の問題点を指摘する実験データが発表されますが、そのたびに信頼性に乏しいなどの理由ですぐに否定されています。

 

関連記事

ページ上部へ戻る