胃腸力

皆様こんちには、低燃費住宅の三澤です

今日は胃腸を鍛えて身につける胃腸力です。

胃腸はどのように鍛えればいいの?です。

実は胃や腸は、ほとんどが筋肉でできているという事。その割合は7割にもなります。

『筋肉でできている』ということは、他の筋肉と同様な鍛え方が可能という事になります。ウエイトトレーニングをしたことがある方はご存知の通り、筋肉を動かして鍛えますよね。

同じように、胃や腸にダンベルなるものを持たせて動かすのです。

ダンベルの役割を果たすものは口に含んだ食べ物であり、よく噛むという行為で、胃腸を動かして鍛えることができるのです。噛むことがどのように胃腸を鍛えることにつながるのか、

食べ物を噛むことで、消化液である唾液の分泌が多くなります。唾液はアミラーゼと呼ばれる消化酵素を含んでおり、アミラーゼが食べ物を糖に分解します。つまり唾液は食べ物を消化しやすい状態にしているのです。

唾液で消化しやすい状態にされた食べ物が胃に送られ、胃の蠕動運動により、胃酸と食べ物が混ざりあり、消化していきます。

お気づきの方がいると思いますが、この蠕動運動が重要になります。蠕動運動とは、簡単に言うよ波のようにくねらせて動くことを言います。ミミズのような動きと言えばイメージしやすいと思いますが、逆によく噛まずに食べ物を飲み込んでしまうと、

唾液の分泌量が減るため、消化されていない状態で胃に運ばれてきます。この状態では胃に負担がかかり、胃の調子が悪くなります。そのため蠕動運動がうまく行われなくなるのです。

胃の話ばかりになっていますが、腸も胃と同様に蠕動運動がをします。そのため胃での消化が弱い場合、腸の蠕動運動がうまく行われなくなります。

筋肉を鍛えるためには、自分に適した重さでやることが重要です。重すぎるウエイトトレーニングをしてもかえって怪我をする可能性が高くなります。

これは胃腸でも同じことが言えます。つまり、口に含んだ食べ物が消化されやすい状態というのが、自分に適したウエイトなのです。

ここで注意する食べ物が麺類やお茶漬け、カレーといった汁気の多いものはかきこんでしまう傾向があります。

よく噛むこと=筋トレ

噛まずに食べる=筋トレをしない

胃腸を鍛えることで3つの効果があります。

・太りにくい体質になる

・アンチエイジング

・美肌

さあ今日からよく噛み胃腸を鍛えてみてはいかがでしょうか?スクリーンショット 2015-06-16 9.49.29

関連記事

ページ上部へ戻る