気密ってなあに?

こんにちは。
低燃費住宅千葉です。

今回は気密のお話をさせて頂きます。

002

先日構造見学会を開催しましたテーマパーク至近の今川2丁目低燃費住宅の気密測定時の様子です。
このような強力なファンを使って建物内の空気を外に出し、出て行った空気の量と圧力を測定します。
隙間の多い家では外気が隙間から建物内に入ってくるので、屋内と屋外の気圧差があまり生じません。

003

気密性能とは、家の隙間の小ささを表す性能のことです。
日本では、この気密性能をC値という数値で表します。
このC値ですが、〇c㎡/㎡と表し、家の面積に対してどのくらいの隙間があるかを知ることができます。

007

上の写真は、中間時気密測定の様子で、隙間をチェックしている様子です。
低燃費住宅では、中間時と完成時の計2回、気密測定を行い、そのC値が0.3以下でなければならないというルールがあります。
ちなみに日本のハウスメーカー等の一般的な高気密住宅はC値が5以下と定められていますので、低燃費住宅で定められている0.3以下という数値がいかに高気密かということがわかると思います。

006

ちなみに今回測定した今川2丁目低燃費住宅は、C値0.3で低燃費住宅の基準をクリアしました!
これは、家全体の隙間を集めてもタバコの箱程度しか隙間がないことになります。

005

気密性能とは、断熱性能と同様に低燃費住宅を造る上で、極めて重要な要素です。
気機密性能とは平たく言えば「どれだけ隙間がないか」ということです。
断熱材は「セーター」、気密は「ウインドブレーカー」をイメージしてみて下さい。
真冬の風の強い日に分厚いセーターだけで外出した場合、風が吹くたびにセーターの隙間から冷たい空気が入ってきて凍えてしまいますね。
また、セーターを着ずにウインドブレーカー1枚だけで外出したら、風は入ってこないものの薄着すぎてこれも凍えてしまいます。
セーターを着た上にウインドブレーカーを羽織る、これが正解です。
家も同じです。断熱材の厚みと高い気密性が一緒になって初めて暖かい家になります。
つまり、いくら断熱材を厚くしても機密性能が悪ければ効果半減です。
低燃費住宅では、高断熱、高気密な家を普及させていこうと考えています。
さあ、皆さんもご一緒に勉強していきましょう。

~未来の子供たちのために~

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る