宮大工が残した木組クイズ

低燃費住宅千葉の城戸です。
弊社にはおじいちゃんが宮大工だった社員がいます。
そんなおじいちゃんが趣味で作ったのがこの組木。

横から見ると先の方が広くなっていて、
IMG_1967

上から見ると両側からクサビのように挟み込んだ形になっています。

IMG_1966

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、どう引っ張っても抜けない組み方をされているんです。
押しても、引いても、ねじっても抜けません。

もちろん木を割ったりしたような形跡はありません。
部材は二つだけで綺麗に組み合っています。

IMG_1965

社内で誰が解けるか盛り上がっていたのですが、何日考えても誰にも解けません。
そして残念ながら作成者であるおじいちゃんは他界してしまっているため
答えを教えてくれる人もいなくなってしまいました。

誰もがあきらめかけていた時、弊社で仕事をしている大工さんが
「ちょっと持ち帰らせてくれ」と言って持ち帰り・・・

なんと一週間ほどで、組み木のなぞを解き明かし、同じものをもう一個つくってきたのです!

その方法はびっくりするようなやり方です。
昔の大工さんは木の性質をよく知ってたんですね。

正解はもったいぶって次回にしたいと思います。
皆さんもどんな風になっていたか考えて見て下さい。

関連記事

ページ上部へ戻る