宮大工が残した木組みクイズ(正解編)

低燃費住宅千葉の城戸です。

お待たせいたしました!
前回の組木の問題、解答編をお送りいたします。
弊社の大工さんが意地を見せて、1週間で解き明かした難問です。

それではお送りいたしましょう。
二つの木を分解するとこんな風になっています。
IMG_1838
ミソは左側の部材の中央部です。ウス~クなっています。
そして、木材は水に濡らすと膨張して曲がりやすくなるのです。

そのため、このうす~くなった部分を濡らすと木が広がり、部材をはめ込むことができるようになるのです。
そして、木が乾燥すると、元の形に戻るので、外れなくなります。
昔の神社などでも使われている組み方なのだそうです。
IMG_1839
IMG_1840
昔の人の知恵には驚かされますね。
薄くなった部分が隠れるようにつなぎ目を塞いであって丁寧なつくりになっていました。

ちなみに木材は軽くて強い材料なんです。
同じ重さで比べたらコンクリートの20倍の引張強さになるんですよ。

自然の力に感服した出来事でした。

関連記事

ページ上部へ戻る