学生時代に戻った気分。

建物の計画をしたり、お客様にプレゼンしたりする際に最近は3Dが多様されます。

もちろん伝わりやすいプレゼンだと思いますが、私たちは少しアナログな手法を使います。

IMG_5115

そう、模型です。

学生時代研究室や製図室にこもってひたすら模型を作ってきたことを思い出します。

先輩の卒業設計を手伝った際は60階建てのビルの模型を作らされたな〜・・・

話がずれました。

模型は3Dと違って手にとって見たり、目線を模型サイズに落として見ることが出来ます。

よりスケール感を感じてもらうことがプレゼンではとても重要です。

IMG_5116

関連記事

ページ上部へ戻る