夏バテ予防の食養生

こんちには低燃費住宅の三澤です。

梅雨から夏が近ずいてきている所でもありますので、今日は夏バテ予防の食養生についてです。

夏バテの3大要因
1、体内の水分とミネラル分の不足(汗で体内の水分と一緒に身体に必要なミネラル分も排出)
2、胃腸の働きの悪化(暑いと胃の働きが落ち、栄養の吸収ができず必要な栄養素が不足し、夏バテ特有の症状が出やすい。さらに冷たい飲食物の摂りすぎで胃腸が冷え、さらに働きが悪化)
3、自律神経の失調(暑いと冷房による冷えの繰り返しに自律神経がうまく対応できず、体に負担がかかkる)
夏バテ予防の食材『ワンポイントアドバイス』
夏野菜に塩をつけて食べ、カリウムと塩分のバランスをとり体内の水分量を調整することも大切です。
また、冷たいものを食べたら、次は温かいものを食べるなど工夫して、眠るときもお腹(胃腸)を冷やさないようにしましょう。

温めて食べても、身体の熱を下げる働きのある
夏野菜
⭕️トウガン  ⭕️ トマト ⭕️ ナス ⭕️ キュウリ

腸を冷やさず、頭に清涼感を与える働きがある
苦味のある野菜
⭕️ゴーヤ  ⭕️ピーマン ⭕️ ラッキョウ ⭕️ セロリ

他にも
⚫️ 身体の代謝を高める薬味をたっぷり添える(ニンニク、ショウガ、ネギなど)
⚫️ 胃腸の機能を高めるネバネバ食品を摂る(納豆、オクラ、ヤマイモなど)
⚫️ 消化を助ける黄色い食品を摂る(カボチャ、玄米、トウモロコシなど)
なども良いでしょう。

夏の不眠対策

暑くて寝苦しい夏の夜は、なかなか寝付けないことも。
不眠対策の食材として、レタスの一種のサンチェに眠くなる効果があると言われています。
ちなみにサンチェは韓国で、焼肉を包む野菜としてよく食べられていますが、眠くなるので運転する人は食べないそうです。

夏を乗り切る高麗人参

韓国では夏を乗り切るために高麗人参の料理『サムゲタン』を食べます。
これは高麗人参を食べると、ストレスに対する抵抗力が高まり、夏の暑さやクーラー、冷たい飲食物による体調不良を予防できるからです。

以上、これからの夏に対して、豆知識としての情報でした。

関連記事

ページ上部へ戻る