不快なエアコンの空気は建物のせい!?

ゴールデンウイーク、皆様いかがお過ごしですか?

家族で行楽に出かけたり、自宅でのんびり過ごしたり。

天気も良くて、何をするにも気持ちいいですね!

それにしても日差しが強い。。。

夏が暑さが思いやられます。

今年もまた、エアコンにフル稼働して頂くことになりそうです。

 

さてさて、そんなエアコンですが、

「エアコンの空気(風)が苦手なの…」

という方、いらっしゃるかと思います。

これって実は、

家の性能が原因の一つ

だということ、ご存知ですか??

ぼくも以前はそのことを知らず、「エアコンの空気って苦手だから付けない!」

と意地を張っていました。

でも本当は、

家の断熱・気密性能が低いことと、日射遮蔽が出来ていないこと

で不快に感じる原因の一つだったんです。

 

建物の外壁、屋根(天井)、床、窓の断熱・気密性能が低いと折角エアコンが作ってくれた冷気をどんどん外へ逃がしていってしまいます。

それと、夏の強ーい日差し

室内に射し込むことで室温はどんどん上昇します。

さらに、外壁や屋根が日射を受ければ熱くなり、これでまた室温が上昇します。

(因みにこの日射遮蔽、とっても大事なんで次回もう少し詳しく説明しますね。)

だからエアコンはそれらを補うために、さらにどんどん冷気を作り出そうとしますので、

必要以上に冷やして寒く感じたり、風を感じたりして不快に感じさせているんです。

 

また、家庭における消費電力の夏のピーク時には、実に50%をエアコンが占めています。

一世帯あたりの時間帯別電力需要

でも日本のエアコンの性能は、海外のものと比較してもトップレベルです。

家電メーカーから

「エアコンの性能上げるのはもう厳しい!」「建物が良くなればもっと効率が良くなるのに…」

という声もあるようです。

 

エアコンに無理をさせず、長持ちしてもらうためにも

まずは冷気を逃がさず、日射を遮り、冷房の負担を減らすこと考えて頂ければと思います。

by加藤

関連記事

ページ上部へ戻る