ルナファーザーって知っていますか?

058

ルナファーザーって知っていますか?
低燃費住宅標準仕様のドイツ製の壁紙です。
このルナファーザーは、通常は塗装用の下地壁紙で、お好みの塗装をする事で自由にカラーコーディネイトが出来、美しく優しい色合いに仕上がり、7~8回程度の重ね塗りが可能です。
ヨーロッパで100年以上に渡り愛用されていて、天然の紙を素材としているので、通気性・透湿性・吸湿性などの天然素材の持つ性質をそのまま生かし結露やカビの発生を抑えます。
材料となる紙は再生紙100%で、木片は端材や間伐材を利用していて、資源の有効活用に貢献しています。
もちろん化学物質を使用していませんので、ホルムアルデヒトなどの人体に有害な物質の発生もありません。

060

 

ルナファーザーはそのままでもお好みの塗料を縫っても使えますが、低燃費住宅では、さらに快適な空間にするために、ホタテ貝殻から作ったしっくい塗料「ルナしっくい」をローラーで塗ります。

 

010

上の写真は、ルナーファーザーを貼った直後のものです。
ここではチップスという木片がポツポツと入っている壁紙を使っています。
この凹凸模様がシンプルでありながらソフトな印象で天然素材ならではの優しい空間を作り出してくれます。
皆さんがいつも目にしているビニールクロスとはまた違ったテクスチャーです。
(写真では表現できないのが残念です)
これからこの上にルナしっくいを塗っていきます。
次回は、ルナしっくいについてお話させていただきたいと思っています。

 

~未来の子供たちのために~

 

【ルナファーザー施工事例】
余談ですが、数年前に古い一戸建てをリフォームするにあたって、お施主様より「壁に絵を描きたい」というご要望がありました。
その時にルナファーザーを提案させて頂きました。
こんな風に絵を描く壁紙としてもルナファーザーは適していると思います。
参考にして頂けたら幸いです。

画像 1601

画像 1594

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

ページ上部へ戻る