ピンピンコロリの法則11

こんにちわ

低燃費住宅日野Officeのもりしげです。

まだ梅雨が明けないのに連日の猛暑ですね。

先週まで肌寒かったのでこの暑さについて行けません(笑)

今回は「健康概念」の話です。

WHOが1946年に定義した健康とは「身体的」「精神的」社会的」に健康が「健康三要素」と言われ半世紀にわたりこの概念が適用されてきました。

先進国では「高齢者」や「障がい者」が生き生きと長生きするようになり、この概念が当てはまらなくなってきています。

1999年にWHOは健康の新しい概念として「生きがいのあるプロセスを大切に大きく捉えた状態のことをいう」とある。

しかしながらこの概念は見直しをされることとなったが健康に生きたいのであれば、自分自身の老後をポジティブに捉えることはとても大切だと言っています。

それができる人は7.5年も長生きであると報告もされているようです。

 

いかがでしたか?やはりポジティブに生きることが精神的にも身体的にも健康なんですね。

過去を振り返らず、クヨクヨしないで明日をみながら生活しましょうね。

seisyun

 

関連記事

ページ上部へ戻る