ピンピンコロリの法則

低燃費住宅日野Officeの守重です。

低燃費住宅は健康住宅です。

しかし、いくら住宅で健康になっても生活スタイルが不健康だったら病気になってしまいます。

しばらく、首都大学東京の星 旦二先生の「ピンピンコロリの法則」を抜粋して紹介していきたいと思います。

「血圧」の話

健康診断や献血などで血圧を測りますよね。

現在は130mmHg未満なら正常だと言われますが1987年当時は180mmHg以下なら正常と言われてたんですよ。

信じられないですよね。

血圧の基準を決めているのは厚生労働省、日本高血圧学会などの関係者による審議会です。

血圧が高いと診断されれば降血圧剤を飲みますよね。

日本は世界一薬を消費する国家です。

外国製の薬も沢山輸入されています。

血圧の基準が段々厳しくなってきた理由がなんとなくわかりますよね。

本来血圧は人それぞれにより数値は様々です。

短距離ランナーは全力疾走後200mmHgを超えるし、高齢者は多少血圧が高くないと体の隅々まで栄養を運べません。

星先生は160mmHgを超えなければ薬を飲まなくても大丈夫だと言っています。

不摂生に気をつけて定期的に運動していれば問題ないそうです。

時にはお医者様に頼るのもいいですが、暴飲暴食を繰り返し飲酒・喫煙をしていて健康診断に行くのはどうかと思います。

まずは、日頃の生活習慣を見つめ直すことが大事なんでしょうね。

yakegui

 

関連記事

ページ上部へ戻る