ピンピンコロリの法則6

今日は屋外でこの記事を書いてます。いい季節になってきましたね。日光浴は体にとってとても重要です。日光浴をすることでビタミンDが生成され骨を強くするなど様々な効能があります。
今回は「生活習慣のお話」です。
中々生活習慣を改善するのは難しいですよね。
果たして「生活習慣」が体にどんな影響をもたらすのでしょう?

生活習慣の話

健康保持にいいとされる生活習慣として「睡眠をとる」「肥満にならない」「運動をする」「喫煙しない」「飲酒は適量以下」「朝食をとる」「間食を控える」この7つの生活習慣を守っている人は守らない人に比べ11年も寿命が長がったそうです。しかし、急に生活習慣を変えた人と変えなかった人と比べると変えた人の方がかえって寿命が短くなったそうです。無理に変えたことでストレスを感じることの方が体に良くないそうです。また、生活習慣は子供の頃に身につけることが大事だと言っています。

 

いかがだったでしょうか?

ここでもストレスが体に良くないと言っています。

「三つ子の魂、百まで」

子供の頃の躾が大事なんですね。

低燃費住宅 日野office 守重 昌之

tabako_kitsuen

関連記事

ページ上部へ戻る