かんたんCooking! ~冷房病~

皆さん、こんにちは!

低燃費住宅 埼玉北の佐藤です。

早いもので、もう6月。暦の上では夏となりました。

夏になると家や会社、電車などで冷房をつけるようになり、

「冬場よりも冷えが深刻」と悩んでいる方も多いのでは?

こうした症状に悩んでいる方は、『冷房病』かもしれません。

冷房病とは、冷房の強い環境により、自律神経の機能が乱れる病気で、

倦怠感・肩こり・頭痛・風邪といった症状があります。

夏は、皮膚の下の血管を拡張し、熱を逃がしやすい体になり、

冬は、皮膚の下の血管を収縮し、熱を逃がしにくい体になります。

このように、体は季節に応じて変化しているのですが、

夏型の体で長時間冷房環境にいると、体は冬型の体に変えようとし、

その状態で外に出ると、今度は夏型の体に戻そうとしてしまいます。

結果、自律神経が季節を混乱し体温調節機能が乱れてしまい、

冷房病』となってしまうのです。

これを予防するためにも食事運動が大切になってきます。

熱の元となる食事、特にたんぱく質を摂り、

定期的に運動をすることで、体に熱が作られるようになります。

きちんとした食事と定期的な運動を心掛け、今夏も乗り切っていきましょう!

今回の『かんたんCooking!』はレシピの横の記事。

『からだスッキリ、いきいき!』にも注目です。

無題

『冷房病』は自律神経の機能が乱れる病気のことを指し、

正式な病名ではありません。

人間が快適さを求めた故に起きてしまった『現代病』とも言えるでしょう。

ではでは皆さん。また次回!

関連記事

ページ上部へ戻る