えっ!!飲料水にこんなに!!!!

皆様こんにちは、低燃費住宅の三澤です。
今日は、飲料水と砂糖についてです。

普段飲んでいる飲料からの角砂糖の算出方法がありましたので
ご紹介したいと思います。
「炭水化物(g)」と書かれている成分のうち、9割以上が糖分です。

炭水化物の成分は、「糖質+食物繊維」なのですが、清涼飲料水に食物繊維はほとんど含まれていないからです。

ですので非常にざっくりではありますが、下記の計算で、飲料に含まれる角砂糖の数量が分かります。

炭水化物(g) × 飲料のml数(もしくはg数) ÷ 100 ÷ 4 = 角砂糖数
出典
缶コーヒーやジュースに含まれてる糖分が角砂糖何個分なのかをざっ…
この式を使って他の飲料を計算してみます。
★清涼飲料水の糖分・カロリー (全て500ml換算)

●カルピスウォーター    ▼糖分:66.0g ▼角砂糖:18個 ▼230kcal
●CCレモン          ▼糖分:55.0g ▼角砂糖:15個 ▼200kcal
●タケダレモンウォーター ▼糖分:28.0g ▼角砂糖:08個 ▼100kcal
●ファンタグレープ     ▼糖分:60.0g ▼角砂糖:16個 ▼245kcal
●クー オレンジ       ▼糖分:55.0g ▼角砂糖:15個 ▼220kcal
●午後の紅茶レモンティ  ▼糖分:32.5g ▼角砂糖:09個 ▼140kcal
●アクエリアス        ▼糖分:23.0g ▼角砂糖:06個 ▼95kcal
●ファンタオレンジ      ▼糖分:60.0g ▼角砂糖:16個
朝に缶コーヒーを飲んで、お三時に午後の紅茶レモンティなんか飲むと角砂糖12個以上摂っている事になっちゃいます。
ダイエットなんていってる場合じゃないですね・・・涙

関連記事

ページ上部へ戻る